群青の空を越えて 攻略

light 2005/9/30 発売

「群青の空を越えて」のシナリオ攻略についてですが、初回から攻略可能なのは、水木 若菜/日下部加奈子/渋沢 美樹の3人の女の子のシナリオとなっています。この3人の女の子全員のENDを見ると、澤村 夕紀/長田 圭子のシナリオに分岐できるようになります。
 そして、5人の女の子全員のENDを見た状態で最初からスタートすると、TRUE END編ともいうべき「GRAND ROUTE」に入ることができます。

水木 若菜

◇第一章◇
「いや、そうだな……」
慌てて、俺も頭を下げ返す。
確かに、英雄として有名だったけどな。
「だが、あの女はサドだ」
「……ったく、勝手に決めやがって」
「たぶん、会えるんじゃないかな」
この容姿だけ見れば、誰も悪役には思わないよな。
――……んな事したら、絶対怒る

◇第二章◇
ま、素人だから仕方がないか。
俺は、申し訳なさで一杯だった。
「いや、俺、駄目だったから」
おもわず、ニーナの衣装に目が引き付けられる

◇第三章、第四章◇
(選択肢はありません)

◇第五章◇
(選択肢はありません)
☆Hシーン(若菜)
☆Hシーン(若菜)
☆Hシーン(若菜)

◇第六章◇
(選択肢はありません)
☆Hシーン(若菜)

◇第七章、第八章◇
(選択肢はありません)

 第八章は若菜のエピローグになってます。第八章の最後まで進めると、スタッフロールが流れます。

日下部加奈子

◇第一章◇
「ああ、いいんじゃないか?」
俺も笑って答えながら、おもわずその頭を撫でた。
確かに、英雄として有名だったけどな。
「だが、あの女はサドだ」
「俺が言ったって無理だよ」
「……いいよ、トシに話通すのと一緒に、俺が誘っとくよ」
この容姿だけ見れば、誰も悪役には思わないよな。
――女の子、といえば女の子だけど……

◇第二章◇
ま、素人だから仕方がないか。
俺は、申し訳なさで一杯だった。
「……少しだけなら」
もっとも、加奈子ちゃんだけは少し日焼けしていた

◇第三章、第四章、第五章◇
(選択肢はありません)

◇第六章◇
(選択肢はありません)
☆Hシーン(加奈子)

◇第七章、第八章◇
(選択肢はありません)

 第八章は加奈子のエピローグになってます。第八章の最後まで進めると、スタッフロールが流れます。

渋沢 美樹

◇第一章◇
「ああ、いいんじゃないか?」
慌てて、俺も頭を下げ返す。
もっとも、トシが緊張する理由も分かる
「……それで美人だから、よけい困るんだよな」
「俺が言ったって無理だよ」
「たぶん、会えるんじゃないかな」
確かに、美人は美人だよな
――あの人を、女の子扱いなんてできないしな……

◇第二章◇
ま、素人だから仕方がないか。
俺は、その温かい感触におもわず涙しそうになった。
やっぱり、フィー教官を誘ってみればよかったかもしれない

◇第三章◇
(選択肢はありません)

◇第四章◇
(選択肢はありません)
☆Hシーン(美樹)

◇第五章◇
(選択肢はありません)
☆Hシーン(美樹)

◇第六章◇
(選択肢はありません)
☆Hシーン(美樹)

◇第七章◇
(選択肢はありません)

 第七章の最後まで進めると美樹ENDになり、スタッフロールが流れます。

アダルト美少女ゲーム

澤村 夕紀/長田 圭子

◇第一章◇
「ああ、いいんじゃないか?」
慌てて、俺も頭を下げ返す。
確かに、英雄として有名だったけどな。
「だが、あの女はサドだ」
「俺が言ったって無理だよ」
「たぶん、会えるんじゃないかな」
この容姿だけ見れば、誰も悪役には思わないよな。
――……んな事したら、絶対怒る

◇第二章◇
なかなか、やるよな、この人。
俺は、申し訳なさで一杯だった。
もっとも、加奈子ちゃんだけは少し日焼けしていた

澤村 夕紀

◇第三章◇
「じゃ、一緒に文化祭回りませんか?」
「…もし何かあって見つかったら、そのときは俺だって庇い切れませんよ?」(*)

◇第四章◇
☆Hシーン(夕紀)
「……疲れてるんだよ。今日はもう、休んだほうがいい」
俺は、とっさにソファーの陰に、彼女を押し込んだ。
☆Hシーン(夕紀)
☆Hシーン(夕紀)

 第四章の最後まで進めると夕紀ENDになり、スタッフロールが流れます。

長田 圭子

◇第三章◇
「有り難く、今後の参考にさせていただきます」
「…もし何かあって見つかったら、そのときは俺だって庇い切れませんよ?」(*)

◇第四章◇
☆Hシーン(夕紀)
「……勿論、俺の肩なんかでよければ」
俺は、とっさに彼女を抱きしめた。
☆Hシーン(圭子)

 第四章の最後まで進めると圭子ENDになり、スタッフロールが流れます。

GROUND ROUTE

 5人の女の子全員のシナリオをクリアした状態で、タイトル画面で「ゲームを開始する」を選択してスタートすると、通常とは異なるシナリオが開始されます。このシナリオは「GRAND ROUTE」であり、いわばTRUE END編です。

「GRAND ROUTE」はプロローグが終わった後、第九章から始まります。「GRAND ROUTE」には選択肢は一切登場しないです。第十二章の最後まで「GRAND ROUTE」を進めていくと、TRUE ENDになり、5人の女の子の場合とは異なるスタッフロールが流れます。

「GRAND ROUTE」を一度でも最後まで進めていると、タイトル画面で「ゲームを開始する」を選択した際に、5人の女の子のシナリオに入る「NORMAL ROUTE」とTUUE END編の「GRAND ROUTE」のどちらに入るのかを選択できるようになります。

(*)ここで他の選択をすると、シナリオが終了しまいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
inserted by FC2 system